白い本ばかり購入する日々である/笑。         

きのうAmazonから吉田裕『持たざる者たちの文学史:帝国と群衆の近代』月曜社が届いた MARUZENには入荷しないので止むを得ず密林に注文。。月曜社小林さんが「ウラゲツ」に こう書いていた《 弊社は初版1000部以下の本がざらにあるから。。》どう考えても本書は 小部数出版だから躊躇せず購入。。

 

最近は古本用語ではない「白い本」ばかり買っている 宇佐美達朗『シモンドン哲学研究』法政大学出版局刊 まだ30代前半で未知の著者だったが 法大出版とは思えない(失礼/笑)装幀の簡素な上品さから内容を類推して購入を決意した 一緒にカトリーヌマラブー『真ん中の部屋/ヘーゲルから脳科学まで』(これも月曜社刊) あるいは『Less and More: The Design Ethos of Dieter Rams 』箱こそシックな灰緑色だが 中身は重く分厚く白い本だ 2020年第三版が出たディターラムス『レス&モア』眺めながら ブラウン社の往時製品に代表されるバウハウスの理念を踏襲したシンプルで有機的な造形etc. 世界がまだ比較的マシだったと回顧したくなる50,60年代の工業生産物に想いを馳せた。。

 

高度で簡素な本が俗衆に好まれるワケがないから安心して手にできる/笑。赤裸に云えば 子どもの頃から大衆の猥雑な趣味と衆愚に迎合した俗悪商業主義が大のつくほど嫌いなのだ もう何処から見ても本物の爺サンだから遠慮なく真実を云っておきます/笑。 「ぼくは大衆蔑視を隠さない」 それは自文化中心主義/ethnocentrismや人類中心主義を 軽蔑的に攻撃し批判するのと同じ重要な行為であるからだ。。

マルクス主義者も新自由主義を推進する末期資本主義の同調者たちも大衆をしかも大量に必要としてるので 決して「鴨=顧客」批判などしない。。/笑。

 

というわけで宿命的にマルクス主義者は大衆批判ができない ところで誤解なきよう云っておくと ここで俎上にあげられた「大衆」とは一般的に連想するような貧乏人 生活困窮者を必ずしも指してはいない むしろ敗戦後まもなくからゴルフをしたりピアノを習ったり 今ならローンでBMWに乗ったりタワマンに住みたがる人種こそ 救い難い「真の大衆」である/笑。

タワーマンションという地に足のつかない愚昧な新型大衆(自分では半分くらい成功したと思っているらしい/笑。)が蝟集する代物は進化した「巨大なごきぶりホイホイ」である 

 

 

購入する本は 内容が高次であることは勿論「美しくなければ買わない」が規矩鉄則になってすでに久しい S.ヴェイユ「醜い文章を書く人間を信じない」の実践的ヴァリエーションのひとつだろうか   

                        

『シモンドン哲学研究/関係の実在論の射程』を読み始めているが 奇縁を感じ嬉しかったのは

《 第三章では、おそらくドゥールズが一九六六年の書評でその重要性を強調して以来、シモンドンの固体化論を特徴づける存在論的概念として知られている前個体的なもの(あるいは前個体的存在ないし実在)について、モーリス・メルロ・ポンティが一九五九年度のコレージュ・ド・フランス講義のための準備ノートで当時未刊行だったシモンドンの主論文を参照しつつ提起した問いを基点に、固体化を可能にするポテンシャルとして導入されるこの概念の相対性と二重性を指摘する。》

読み始めたばかりの序論にそう書かれていた。。背中側の最厳選された棚には件のポンティ 『自然:コレージュ・ド・フランス講義ノート』が『講義草稿』とともに並んでいるからだ 直感的に購入し本を読む神秘的な愉しさのひとつにこういう超自然「現象」が含まれる/笑。     

 

超自然的な息吹 ふかい神秘が発生しない読書など読書の名に値しない。。   

 

 先日丸善でたまたま購入した西平直『東洋哲学序説:井筒俊彦と二重の見』未来哲学研究所 示唆に富む著作で「二重の見」よく理会できた ぼくの云う「ぼんやりクッキリ」のことだ 。。

機会をみて井筒俊彦英文著作翻訳コレクション『スーフィズム老荘思想』上下

次回はさらに愉しみながらあらためて三読したいと願っている。。 

それにしても この世は不思議だなぁ/笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷川雁『無/プラズマの造形』をフタタビ入手する 。。

八木俊樹が海賊的私家版として編集した

  「紙とインクの宝石」

     それは

  通常の稀覯書を超え

   最終的に

    著作権者 谷川雁の許諾が得られなかったため

      刊行前にほとんどが

        廃棄されたと「伝説」される

          幻がつくズシンと重い

           稀覯の書       

        『無の造形』をまた買ってしまった/笑。

           理由は廉価だった に尽きる

       この本の価格的ピークは

         管見する限り

           2010年〜2014年

            石神井書林 63,000円 

            古本よみた屋 38,500円  だろう

              そして

                                               老生は2017年6月

           ヤフオク35,000で入手した

        さて今回の『無の造形』

      「日本の古本屋」に神保町田村書店

        25,000円出品に遭遇

                                一瞬間だけためらったが 購入を決意

 

        前回も40年以上を経たとは思えないほど

           とても良い状態だったが

             今回のそれは

           45年間を包まれた密閉状態で過ごした

             としか考えられない

               超ミントコンディションだった

                それは外箱が全く酸化していない

                  ことから明らかだ

   

              八木俊樹編集『無の造形』は

                世に漏れでたのは50部と伝えられるが

                   意外にどこかで

                ヒッソリと睡っていた可能性を

                    考えている 。。。

                 また出たら 購入するかもしれない

                    自分の性/書痴愛に苦笑する

 

                   九州の古本屋から購入した

                『誤解する権利』

              鶴見俊輔谷川雁宛 献呈署名本とともに

           『無の造形』二組を所蔵するのは

              ある種の狂気

          健全で平和な市民的狂気のように考える 。。

             趣味性から軽い狂気を喪ったら

               それはもう「道楽」の聖性に値しない/笑。

 

 

                                            

 

『世界をきちんとあじわうための本』『古布』『北欧器』

  自分がすでに林住期にあると    

     自覚して久しい

       ぼくは

     本にしても美しいもの 

   置いてあるだけ 眺めるだけで

  こころが慰められ 励まされるるものしか

 欲しくない 

    これはわがままではない

  美意識と神経や精神 遺り少ない時間

    たちを護るための叡智だ

       さて

     先日のこと

   本に関するブログを眺めていて

  妙にこころ惹かれる

表紙も帯も文字組が素晴らしくうつくしい

  白で灰色の帯をもつ本が目に止まった

   一緒に写っている淡いみず色の本には

    見覚えがある 

      AirMacを載せた「老荘机」の背中にある

        書架のもっとも気に入った場所に並ぶ

          精選された一冊 ロドルフ・ガシュ

       『いまだない世界を求めて』だから 。。

     その白い本が 妙に気になって 気になって/笑。

       書名がわかれば検索できるのだが

         ルーペで見ても 読めない

            ところが

           「念ずれば現ず」  

          偶然にも

        ある本屋さんのNet在庫を見ていて

      表紙の文字から同定できるものを

    見事にみつけてしまった それがこの

  『世界をきちんとあじわうための本』

 帯にはこう書かれている

「私たちは、毎日、毎日、何をしてるのだろう?」

               本当だ本当だ/笑。

    もう二冊いっしょに頼んだ

  『箱にしまうこと 箱をしまうこと』

        と

   『ANIMALS FROM OAXACA』

  どちらも少部数出版の私家版にちかいもの

    (『箱』は限定200部とnetにあった)

     引き続き 今日は雨のなか

      多摩美術大学美術館から

   『古布:無名の妙 坂田和實・蒐集の審美』

      ギャラリー北欧器から

   『北欧器作品帖vol.2』『北欧器作品帖vol.3』

       が届いた

   どれも嬉しいほどにうつくしい 私家版

        考えてみれば

       ここ数年のあいだ私家版のほかには

  慶應義塾大学出版会 みすず書房 月曜社 航思社

      くらいしか購入していない

     月曜社が素晴らしい仕事をしている

         いまでは

     みすず書房より美しい本を造っている

           さて これから                            トーハン日販二社の赤字カムアウトもあり

             斜陽産業としての

          商業出版は音を立てガラガラと崩れる

             この国は

        毎日『蛍の光』だけが流れている 。。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

 

    

 

 

 

 

 

『文化は人を窒息させる/デュビュッフェ式〈反文化宣言〉』

『文化は人を窒息させる』杉村昌昭=訳 人文書院

  ジャン・デュビュッフェ初の邦訳書だという 

裏側の帯にあった文章を引用しておこう 

《 本書は一九六〇年代ラディカリズムの極致を体現する「文化革命宣言」である

支配的文化の強度が極限にまで高まり、社会の鋳型にはめこまれたまやかしの個人

主義が横行するいまこそ、その趨勢を逆転し、「普通の人間」としての個人のあ

たりまえの世界を回復するために、このデュビュッフェの「たったひとりの反

乱」の意味をわれわれひとりひとりが噛み締めなければならないと思う。》

                (「訳者あとがき」より〉とある 

原著がフランスで刊行されたのは一九六八年である 

  あの 文化大革命 五月革命 ロック革命の 只中のこと 

     それだけでこの本は 

        ぼくによって読まれる必要と

           必然性に満ちている/笑。 

 

 

 

 

中西夏之と瀧口修造 會津八一 とZAHA HADID の本 。。

時系列に逆らって一昨日のことから  。。

 瀧口修造『近代芸術』1962年刊と

  中西夏之さんの繊細な『エニアグラムⅣ』

    ふたつが  

     同じ日に届いた

       これは偶然ではありません

    『日本の古本屋』で「中西夏之宛献呈署名入り」

       とだけ書かれた

          美術選書『近代芸術』

       馬の骨に買われたくないのだろう

        おくゆかしくも著者名が抜かれていた

         瀧口修造署名本として例外的に廉価な

           このレア本を注文し 

             「視えない守護神」にしてから

        前から欲しかった銅版画『エニアグラム

            ヤフオクに参戦しました

               霊験あらたか

                 入札した額の1/3で

              呆気なく落札

          超悪政「強盗経済」により

       ものが売れない時代に突入しているから

          現代美術も骨董も稀覯本も  

            すべてが凄まじいほどに

               もはや

                 暴落といえるほど

              安値になっている

                各ジャンルの一級品が

              ひと昔まえの何分の一 あるいは1/10 で

                 入手可能な状態

                   いまこそ

                      優品を落掌する秋   

      「中西夏之様  

           瀧口修造」とある『近代芸術』は

              1962.12.15.発行  

         中西さんが27歳 瀧口修造は59歳だった 。。

           ハイレッドセンター結成の前年にあたる

               記念すべき本だ

         中西夏之が出版社から出した唯一の本

     『大括弧 緩やかにみつめるためにいつまでも佇む、装置』

              とならべて

         「老荘机」背後の中層書架に置かれた

           『大括弧』には

       中西さんの署名と日付とぼくの貌も描かれている/笑

                

           憤慨するほど廉く買えた

             中央公論美術出版

              會津八一『村荘雑事』と『観音堂』『飲中八仙歌』

                 については

                   少し詳しくあとで書こう 。。

                   ザハ・ハディドの本に関しても

                     日を改めて触れたい 。。。

 

                    
 

Steidl のHPを覗いたら“ Thank you Robert ”とあった 。。

とうとうこの日が来てしまった 

なんとも言えない ソフトで緩やかな衝撃が ある

 

《 Thank you Robert – for teaching us how to look, and how to see.

  "Hold still – keep going" Robert Frank 1924 - 2019 》

 

C.G.ユング  アルベルト・ジャコメッティ  ル・コルビュジェ  

パウル・クレー  ジャン・タンゲリー 

        そして ロバート・フランク

     彼らは大きいとは言えない国家 

  スイスが生んだ独創的で偉大な20世紀の「革命家」だった

     J.L.ゴダールだけは ヒトリ現役活動を続けている

 

ジョンレノンのサイケデリックな Phantom V

パラゴン社製の1/18スケール

     Rolls-Royce Phantom V 

           ズシッと落掌 。。

       いつ頃から欲しかったのか

          憶えていないほど 昔から

                                           いつか手に入れるつもりだった 。。

      レノンは

         1965年型ファントムⅤを二台もっていた

             一台目はブラック ペイント

        1965年10月のMBE勲章受賞に際して

          バッキンガム行に使った

              二台目はホワイトペイント

     プロモーションetc.にもよく使ったから

          白いロールズの方がよく知られているし印象的

       真っ白なファントムⅤも

         当時としては斬新だったが

           反抗心旺盛な26歳のレノンは

               エスタブリッシュメント

                  つまり支配階級に

                    もっと

                衝撃的に「プロテスト」したかった             

             1967年4月

               黒塗りのファントムⅤが

            サイケデリックに塗装され 。。

         全世界のスクエアな人種と

       モーターエンスーの度肝を抜いた/笑。

              逆に

           世界中のFab4ファンは

              快哉を叫んだ !!!

                 17歳のぼくもその一人だった

             ジョンが

         1980年に40歳で倒れて

             来年はもう40年になる

  

        パソコンデスクに向かって作業し

                ふと

           眼をあげるとサイドボードに置かれた

             サイコデリシャスなファントムⅤが

               ルイスポールセンの照明を受け 

                 60年代そのものとして

                    輝いている 。。。