『世界をきちんとあじわうための本』『古布』『北欧器』

  自分がすでに林住期にあると    

     自覚して久しい

       ぼくは

     本にしても美しいもの 

   置いてあるだけ 眺めるだけで

  こころが慰められ 励まされるるものしか

 欲しくない 

    これはわがままではない

  美意識と神経や精神 遺り少ない時間

    たちを護るための叡智だ

       さて

     先日のこと

   本に関するブログを眺めていて

  妙にこころ惹かれる

表紙も帯も文字組が素晴らしくうつくしい

  白で灰色の帯をもつ本が目に止まった

   一緒に写っている淡いみず色の本には

    見覚えがある 

      AirMacを載せた「老荘机」の背中にある

        書架のもっとも気に入った場所に並ぶ

          精選された一冊 ロドルフ・ガシュ

       『いまだない世界を求めて』だから 。。

     その白い本が 妙に気になって 気になって/笑。

       書名がわかれば検索できるのだが

         ルーペで見ても 読めない

            ところが

           「念ずれば現ず」  

          偶然にも

        ある本屋さんのNet在庫を見ていて

      表紙の文字から同定できるものを

    見事にみつけてしまった それがこの

  『世界をきちんとあじわうための本』

 帯にはこう書かれている

「私たちは、毎日、毎日、何をしてるのだろう?」

               本当だ本当だ/笑。

    もう二冊いっしょに頼んだ

  『箱にしまうこと 箱をしまうこと』

        と

   『ANIMALS FROM OAXACA』

  どちらも少部数出版の私家版にちかいもの

    (『箱』は限定200部とnetにあった)

     引き続き 今日は雨のなか

      多摩美術大学美術館から

   『古布:無名の妙 坂田和實・蒐集の審美』

      ギャラリー北欧器から

   『北欧器作品帖vol.2』『北欧器作品帖vol.3』

       が届いた

   どれも嬉しいほどにうつくしい 私家版

        考えてみれば

       ここ数年のあいだ私家版のほかには

  慶應義塾大学出版会 みすず書房 月曜社 航思社

      くらいしか購入していない

     月曜社が素晴らしい仕事をしている

         いまでは

     みすず書房より美しい本を造っている

           さて これから                            トーハン日販二社の赤字カムアウトもあり

             斜陽産業としての

          商業出版は音を立てガラガラと崩れる

             この国は

        毎日『蛍の光』だけが流れている 。。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

 

 

    

 

 

 

 

 

『文化は人を窒息させる/デュビュッフェ式〈反文化宣言〉』

『文化は人を窒息させる』杉村昌昭=訳 人文書院

  ジャン・デュビュッフェ初の邦訳書だという 

裏側の帯にあった文章を引用しておこう 

《 本書は一九六〇年代ラディカリズムの極致を体現する「文化革命宣言」である

支配的文化の強度が極限にまで高まり、社会の鋳型にはめこまれたまやかしの個人

主義が横行するいまこそ、その趨勢を逆転し、「普通の人間」としての個人のあ

たりまえの世界を回復するために、このデュビュッフェの「たったひとりの反

乱」の意味をわれわれひとりひとりが噛み締めなければならないと思う。》

                (「訳者あとがき」より〉とある 

原著がフランスで刊行されたのは一九六八年である 

  あの 文化大革命 五月革命 ロック革命の 只中のこと 

     それだけでこの本は 

        ぼくによって読まれる必要と

           必然性に満ちている/笑。 

 

 

 

 

中西夏之と瀧口修造 會津八一 とZAHA HADID の本 。。

時系列に逆らって一昨日のことから  。。

 瀧口修造『近代芸術』1962年刊と

  中西夏之さんの繊細な『エニアグラムⅣ』

    ふたつが  

     同じ日に届いた

       これは偶然ではありません

    『日本の古本屋』で「中西夏之宛献呈署名入り」

       とだけ書かれた

          美術選書『近代芸術』

       馬の骨に買われたくないのだろう

        おくゆかしくも著者名が抜かれていた

         瀧口修造署名本として例外的に廉価な

           このレア本を注文し 

             「視えない守護神」にしてから

        前から欲しかった銅版画『エニアグラム

            ヤフオクに参戦しました

               霊験あらたか

                 入札した額の1/3で

              呆気なく落札

          超悪政「強盗経済」により

       ものが売れない時代に突入しているから

          現代美術も骨董も稀覯本も  

            すべてが凄まじいほどに

               もはや

                 暴落といえるほど

              安値になっている

                各ジャンルの一級品が

              ひと昔まえの何分の一 あるいは1/10 で

                 入手可能な状態

                   いまこそ

                      優品を落掌する秋   

      「中西夏之様  

           瀧口修造」とある『近代芸術』は

              1962.12.15.発行  

         中西さんが27歳 瀧口修造は59歳だった 。。

           ハイレッドセンター結成の前年にあたる

               記念すべき本だ

         中西夏之が出版社から出した唯一の本

     『大括弧 緩やかにみつめるためにいつまでも佇む、装置』

              とならべて

         「老荘机」背後の中層書架に置かれた

           『大括弧』には

       中西さんの署名と日付とぼくの貌も描かれている/笑

                

           憤慨するほど廉く買えた

             中央公論美術出版

              會津八一『村荘雑事』と『観音堂』『飲中八仙歌』

                 については

                   少し詳しくあとで書こう 。。

                   ザハ・ハディドの本に関しても

                     日を改めて触れたい 。。。

 

                    
 

Steidl のHPを覗いたら“ Thank you Robert ”とあった 。。

とうとうこの日が来てしまった 

なんとも言えない ソフトで緩やかな衝撃が ある

 

《 Thank you Robert – for teaching us how to look, and how to see.

  "Hold still – keep going" Robert Frank 1924 - 2019 》

 

C.G.ユング  アルベルト・ジャコメッティ  ル・コルビュジェ  

パウル・クレー  ジャン・タンゲリー 

        そして ロバート・フランク

     彼らは大きいとは言えない国家 

  スイスが生んだ独創的で偉大な20世紀の「革命家」だった

     J.L.ゴダールだけは ヒトリ現役活動を続けている

 

ジョンレノンのサイケデリックな Phantom V

パラゴン社製の1/18スケール

     Rolls-Royce Phantom V 

           ズシッと落掌 。。

       いつ頃から欲しかったのか

          憶えていないほど 昔から

                                           いつか手に入れるつもりだった 。。

      レノンは

         1965年型ファントムⅤを二台もっていた

             一台目はブラック ペイント

        1965年10月のMBE勲章受賞に際して

          バッキンガム行に使った

              二台目はホワイトペイント

     プロモーションetc.にもよく使ったから

          白いロールズの方がよく知られているし印象的

       真っ白なファントムⅤも

         当時としては斬新だったが

           反抗心旺盛な26歳のレノンは

               エスタブリッシュメント

                  つまり支配階級に

                    もっと

                衝撃的に「プロテスト」したかった             

             1967年4月

               黒塗りのファントムⅤが

            サイケデリックに塗装され 。。

         全世界のスクエアな人種と

       モーターエンスーの度肝を抜いた/笑。

              逆に

           世界中のFab4ファンは

              快哉を叫んだ !!!

                 17歳のぼくもその一人だった

             ジョンが

         1980年に40歳で倒れて

             来年はもう40年になる

  

        パソコンデスクに向かって作業し

                ふと

           眼をあげるとサイドボードに置かれた

             サイコデリシャスなファントムⅤが

               ルイスポールセンの照明を受け 

                 60年代そのものとして

                    輝いている 。。。

 

         

 

 

                           

     

           

 

   要助さんも 。。

ながいあいだ療養生活をおくっていた

 河村要助さんの訃報が

     とうとう

     届いた 。。

 

いちばんのショックは死因が

  「老衰」とあったこと

    要助さんは75歳

      戦後まもなくならいざ知らず

            いまどき75歳で老衰って 。。。

          あの独特に尖がって

             厭人的で

               気難しいダンディスムを纏った

                ヨースケさんが  。。

    《 老衰のため東京都練馬区の老人ホームで死去、75歳。》

          喪主も成年後見人の弁護士だった

            不思議なのは

           奥山民枝さんとの婚姻関係の記述が

              調べてもまったくないこと

                 民枝さんが

              2005年に

            広島・尾道大学の教授になって赴任したことは

                ナントナク知っていたが 

            要助さんが療養生活に入ったころ

               すでに「デヴォース」していたのだろうか 。。

                   それにしても

            三木富雄と合田佐和子のように     

                   新鋭美術家同士の結婚

                     事実関係を残すことは

                  文化史として重要だろうとおもう 

                          のだが

 

              付き合いに濃淡はあるけど

             知り合いの

            イラストレーター/デザイナー

          随分亡くなってしまった

          小島武さんが亡くなってもう10年が経つし

          そのあいだに吉田カツさんetc. etc.

        最近の原田治さん 河村要助さんにいたる

       安西水丸さんにしても71歳 

         ほとんど60歳代だ 

 

        ペーター佐藤なんか49歳だった 。。。

 

        そういえば

     奥山淳志さんの私家版限定写真集

         『弁造 Benzo』を縁あって購入し

       さらにみすず書房版の

         『庭とエスキース』を

           尾方邦雄さんから恵贈され

        絵を描く人生と

          それぞれが遭遇する時代

             との関係を考えている 。。

 

       まったく関係ないのだが

       岩波書店『図書』6月号

         表4広告が

          みずほ銀行になった

      先月号は「公益社団法人日本バレエ協会」だった 。。

 

        先月の朝日新聞労組副委員長/35歳の自死といい

         この国は

           末期的なところに来ている

 

        

     

  

 

 

 

   笑う霊柩車の頌歌 。。

      凍てついた無人の街路を救急車がはしる

        払暁の街を救急車がはしる

「ミギへ曲がります ご注意ください ミギへ曲がります ご注意ください」              やがて街は緩慢に目醒め 

         うろつき回る貨物車が吼える  

  「バックします ご注意ください バックします ご注意ください」   

          大量生産されたキッチュ       

       貌なき合成音の予言者が辻々でのたまう        

          何十万 何百万もの四輪の予言者           

            ミギとバックだけが  

              くりかえし 繰り返し              

               予言 託宣される          

          Reverse Course /逆コース由来の由緒ただしい後退                          3/4世紀を経たフェイク軍事占領と

               売国欲望の最終形態/完成型     

               「後退」しかないSF的世界 。。    

              常に操作されてきた偽りの直近未来と近未来     

               猿と骸骨たちの芝居に踊らされるな                         過去と未来が混淆する癲狂世界                               しかし                                 それは佯狂ではない                      ピンクフロイド『ユージン、斧に気をつけろ』                    JLGゴダール『右側に気をつけろ』                        いつもどおり

             今朝も 

          半世紀前に予告された           

        P.K.ディックの明晰夢からはじまる        

     キミは「キップルの第一法則」を知ってるか             

         世界はキップルだ        

                             「無秩序律」に従って世界は夢へと昇華する