読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理 想 の パ ジ ャ マ

連日の摂氏三十五度超を体験しつつ

  これからの

ニッポン人とニッポンの「在るべき姿/あり得べき様」を幻視するため

   「揚力」として 

       あるいは 想像力の翼を組む重要な工具として

           松尾尊兊『大正デモクラシー期の政治と社会』読み続けている

                大著通読も五九五頁を超え

                     残るは最終章「敗戦前後の佐々木惣一……近衛文麿との関係を中心に」のみ

      松尾氏の永年の攻究と知性による太い光軸に照らされて 

一〇〇年前から変わらぬ この国の「官」の酷く残忍な姿/実情を含めて「立体化」する

         一九一八年の米騒動

  関東大震災に際して 憲兵隊がおこなった大杉栄一家の惨殺および「不逞鮮人」の虐殺

  コミンテルン日本支部としての日本共産党結成時事情

(近藤栄蔵のコミンテルン資金を使い込んだ芸者豪遊! 発覚逮捕 etc.)

  大正デモクラシーがけして都市インテリだけによるものではなかったこと

  新しい資料と知識を得て 国家と日本人理会を 辛辣に深めている

             ☆

            ところで 

   寝苦しい夜夜 愛用するようになったのは

  一昨年だったかに購入して あまり袖を通すことのなかった 麻の長袖シャツ

      真っ白  生成  青の細いヒッコリーストライプ 三枚買った

         それを 思い出した

           パジャマとしての お気に入りは 一番着ることのなかったホワイトシャツ

   これに同じく某ユニクロ社のステテコを合わせると 最強のパジャマが安価に完成 / 笑。

        テコは 厳しい夏対策として チャコールグレイの横縞を二枚買った

      

            ほとんど 世捨て人の暮しだから 昼はTシャツ&短パン

                夜着は プレミアムリネンの長袖シャツ+テコ 

                   古老曰く

                贅沢は廉価にこそ 価値がある

          

☆☆☆ 気象庁は「年間平均気温」とか 数値を通年に分散して「やや上昇」と誤魔化しているが

    夏の最高気温は 1960年代半ばから凄まじい勢いで上昇し続けている

    この現象は モータリゼーション(路面のアスファルト化)と見事にリンケージしている

    参考として「熊谷における夏の気温変化」と「自動車保有台数の推移

    ふたつの表を熟視してほしい。 まっとうな想像力を持つ人間ならば 生き方を変えたくなるはずだが 。。。。