読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JOSEPH BEUYS と ANA POPOVIC の 手術台の上のような出会い に率爾喫驚する / 笑。

ストーンズのジャンピングジャックフラッシュ 聴きながら

《 JOSEPH BEUYS もしくは古代虚無と世界霊魂への律動する愛。》

そーいう 虚無 + 衒学趣味 つき混ぜた 相変わらずのお莫迦タイトルで 

最近のボイス本蒐集事情 書き始めるつもりだった

ところが ストーンズから 同曲を歌うジョニー・ウインター

ウインターと競演するジミヘン を介して

ANA POPOVIC なるブルース・ギタリストを偶然 聴いてしまった

さっそく調べる しらべる 猛検索 アナ・ポポヴィッチ 

いやあ いいねぇ 

パールこと J. ジョプリン 最初に聴いた四〇余年前 忽然豁然 思い出す

ジミヘン + ジャニス・ジョプリン + ティナ・ターナー

圧倒的に濃いし 剛いし 粗削り 土埃臭くて 圧巻 

溢れる 強い哀しみ と 怒りの 混合体 が空気を染め変え 

アトモスフィアに侵入 占領 制圧 席巻 解放する

だから 彼女には 野外フェスが 似合う!!

屋外に置かれた 剥きだしの 野外装置 

二一世紀の手術台 

施術されるのは きっと きみの感受性