読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 Post-truth と ガラパゴスの背囊と  。。

電子的野獣と化した現代人は

 神を殺しただけでは飽き足らず

   今度は「真実」まで殺そうとしている 。。

              それは

     滅びゆく「新バベルの塔」としての

       反知性主義宣言であり

         真実のみならず

     知性の縊死溺死扼殺であり

       邪悪を愧じない超悪質な商業メディア

         新聞テレビ週刊誌ネットによる

            絶え間ない

          洗脳とプロパガンダの日々  

      通俗ニヒリズムと職業スポーツ 消費欲望を利用した

         センチメンタルなルンプロによるファシズム渇望社会

            そう呼ぶべき状態

            「ポストトゥルース」の時代とは

            これまで正気を保ってきた少数派にとって

                肌に粟を生じる

              戦慄すべき時代状況になるだろう

            われわれは

          ポストモダンですら懐かしい

        一瞬ごとに生成/廃頽する腐海に棲んでいる

          ところで

      この前近代国家 大日本底国に至っては

    「道徳」教科書でパン屋 アスレチック公園

       および「しょうぼうだんのおじさん」は郷土愛にかけるので

        和菓子屋 和楽器屋 しょうぼうだんのおじいさん

          に指導・忖度するト

             まんま

         ストライク アウト セーフを敵性語として排斥した

             七十五年前の戦時中である 。。。

          さらに

       武道として銃剣による「剣付き鉄砲格闘術」を取り入れる

     アナクロニスムというより徹底的なガラパゴス化

        日本型ガラパゴスとは

           自滅的な

             夢遊病解離性障害 

               精神の鎖国状態を指す

          そこまで忖度右傾するなら

          いっそのこと

        科学的理性を一切もたない

      文科省/モンカショウこと

    文部科学省は文部武術省 文武省/ブンブショウに改名せよ

        もちろん

      小学生の背負いカバン

    ランドセルなんて外国語で呼んでははいけない

       小児用「背囊」あるいは学童用背囊

           略称ガクハイ

          ビスマルクによる富国強兵

            プロシャ陸軍譲りの軍事背囊が起源である

               腐国幼兵

       小学生が背囊と欅の剣付き鉄砲を背負って行進する

         勇ましい国を作りたいひとたちと忖度する官僚その他

     

      オックスフォード英語辞典に2016年を象徴する単語として選ばれた

   ポストトゥルース「真実以降」の定義はこのようなものだ

 《 世論形成において、

   客観的事実が、

    感情や個人的信念に訴えるものより影響力を持たない状況 》

 

      本当にもうこの国は世界に先駆けて

                            「真実なき植民地」として足元から腐っている