読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 老騏驎 あるいは老木の花 。。 

  ふと

 老いた騏驎から老騏驎という語を思いついた

    「騏驎も老いては駑馬に劣る」

       のキリンである

         なかなか語呂が良い

       そこに

    森於菟さんの名著から『耄碌寸前』をつけると

      さらに良い感じだ

        「耄碌寸前老騏驎」

   解剖学者があの「古典」を書いたのは七十二歳のとき 

     指折ることもなく

       それまで

        隻手で足りるようになった

          生意気が半ズボンを穿いただけの

            あの三歳児が

              いまや

        モウロクスンゼンを自覚したロウジンとなっている

            モウロクスンゼンロウキリン

              ナムナムナムアミダブツ

              六字名号や「少年易老學難成」に代え

             自家製の題目として

               自戒の意を込めて

                  唱えようかと思う / 笑。

 

                 耄碌寸前老騏驎

 

 

                  夕餐まえの

                  春の黄昏に

                  閑かに

                  胡蝶の夢として

                  老騏驎を念慮する

 

                            きわめて緩慢に描いたクロッキーあるいはエスキース

              これは老人にしかできない技法だ