読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割れるのか 溶けるのか「薄氷的」社会 alea iacta est

   さて

 時には地上的なことも考える必要がある 

     ぼくは

     これから起こる   

       大規模な「出版クライシス」を 

         怜悧に客観性をもって観察するつもりだ

    もう雑誌の売上は四〇数年前の水準に戻っている

      1979年以来の「雑高書低」が終わり

        これまで低かった書籍の販売額をさらに下回った

      これは敗戦後生まれた「占領下の子どもたち」が

        書店に足を運ばなくなったことが大きい

           例えば 週刊誌を支えてきたのは

             彼らと 

        戦中あるいは戦前に生まれたさらに高齢者でしかない

              『ビッグコミック』各誌を見よ 

            『週刊朝日』『サンデー毎日』を見よ  

          老人を主人公とする高齢コミックスが花盛りだ / 笑。

         週刊誌ではないが

      『Ku:nel』は売上の急降下に音をあげ

          七〇歳をとっくに超えた老婦人

            淀川美代子を現場指揮に呼び戻す断末魔ぶり  

              これも老人雑誌化現象といえる

                返本率が雑誌 書籍ともに40% 、、

                  とはいえ

              いまなお足げく本屋に通い

           高度な本を手にする「数寄者」もいる  

              しかし

          読書を生涯の習慣とする

       コアな読書人は敗戦の年1945年から  

          無条件降伏からの占領が解除された1952年までの

            足掛け八年間に生まれた1800万人の 

              ごく一部であり

        その世代のうち

  「およそ1500万人は書店離れをした」  

          ぼくは実体験

    書店 公共図書館 温泉での見聞からそう考えている        

        「出版クライシス」の

     激烈な災厄には「教育産業」の崩壊と 

       大商業新聞&テレビシステムの完璧な斜陽化とシンクロする

          それは

      この国の知的インフラ全体の落盤現象とも云えそうな

          深刻な事態を招くだろう

       新聞は八百長政治とスポーツ芸能専門紙になり

         雑誌はほとんど広告のカタマリだ

            大衆メディアは

           芸能人やスポーツ選手のスキャンダルと

        エロとマネー 老人や弱者への様々な恐喝 脅迫記事にあふれる

                  「下流老人」「貧困女子」「老化ヒッキー」「半グレ老人」、、

             スマホしかできない若者たちは

          コミック一冊 粗製濫造無内容な新書一冊を読んで

             得意気に「読了」などと宣うだろう/笑。

 

           間もなく来るはずの

        コンビニが雑誌を置かなくなる日

 (返本など手間がかかる割に店の利益は少なく 取次ぎも採算ギリギリ)

     物流業界は不足しているドライバー確保のため人件費増

              あるいは

      ガソリン価格の上昇などで もう配送経費を上げざるをえない

          それが出版恐慌の「Xデイ」だ

 トーハン出身の鈴木敏文が7&i HLDGS.を追われるように辞めた以上

      取次ぎとコンビニの過去形でしかない蜜月関係は「離縁」へと進む

              いまや秒読み段階だろう

        戦後長きにわたって子どもと大衆を食い物にして

           物言わぬ愚民を作ってきた

               大手出版社

         講談社 小学館 集英社を激震・烈震が襲う

         

            冷酷に言おう

       これらスベテは人災である

         官僚や政治家だけのせいにはできない

      出版メディア 教育産業全体 新聞業界 

   そこで仕事をしてきた人間たちの倨傲と知的怠慢が招いた事態だ 。。。

  「読売新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「日経新聞」「産経新聞

       これら新聞のどこに知性があるのかっ!!!

          腐敗した社畜たちの打算があるだけだ 

                   

         願わくば 

        この際

      巨大な詐欺&陰謀プロパガンダ集団 電通 博報堂 大広 etc.

         この国を属国化し植民地化してきた愚民政策の尖兵

             アメリカ支配の代理店「広告屋産業」の撲滅を望んでいる 

    半世紀以上に及ぶ読書狂 愛書家 書痴であることを自ら任じつつ

        新しい社会と時代 後世へ向けた

         「建設のための破壊」をもはや否定しない

 

           諸君 賽はすでに投げられている 。。。