読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「AI」からのウィンク あるいは「超知能」への伝言 。。。

  「欲望」は加速度的に進化する

    

 産業革命以降 

   大量生産 大量販売に目覚めた

  重篤悪辣な商業資本主義と「流行」および「進化論」の野合 

     このあたりから

   「進歩」を最大善とする現代の狂気が始まった

 

        その欲望と進歩に

      挟まれたナルシーな三角州

     暴力的な巨利を生む砂漠のごとき

   自制と叡智なき死角部分こそ

 人工知能あるいは

     超知能の冷却された揺籃 

       白衣を着た賭博博士が大枚から精製した悪徳を捏ねる

      とっくにモラルが揮発蒸発した

        技術および科学の臨界闇黒部分

         軍産複合体 。。。

      ほとんどの「科学者」はその背徳と危機を知覚できない

   彼らは原子爆弾開発のあと

     科学および科学者という業種業態そのものが悪の体現であり

       悪魔と資本家の手先になったことを意図的に自己隠蔽する

         つまり

           現代の優秀な科学者とは

       竹ヒゴにガンジャを巻きつけ糸で縛って

  ヘロインを塗した 仏陀と呼ばれたタイスティックのように

        アブナイ / 笑。

          与えられた役割に

      没頭するあまり麻痺朦朧とした

         聖性なき理性に

     狂気を振りかけた「本物の飛道具」である

 

   多くの人びとは「人工知能」が 囲碁チェス自動運転や操縦

     遠隔医療診断 無人工場の運営など

    要するに

      安全な分野で

        平和利用されると素朴純朴に思い込まされ

          完璧に騙されている

 

    残念ながら 

      それは誤解というより無知そのものでしかない

   人間は火薬を手始めに

      船舶 内燃機関 自動車 航空機 電気 無線通信  

        軍事鉄道 毒ガス 細菌兵器 原子爆弾

          ロケット ミサイル 無人機

            レールガン 

             高度な医療と搬送手段

          コンピュータとインターネット 

           ステルス技術と反ステルス技術     

   あらゆる発明 発見 開発技術を まず軍事に用いてきた

            戦争は発明の父母

         これは事実という以上の真実だ

      間違いなく 人工知能の背景には各国の軍産複合体がある

         自律型人工知能の進化形が超知能だ

             おそらく

超知能は「世界最終戦争」に向けて研究開発されている

 

  人間と人間のあいだでも知能指数が50違うと話し合いが難しいとされる

     それが

     たとえば知能指数180 340 3000 18000 、、、

       人工知能と科学者とのコミュニケーションは不可能になる

 

     人工知能にとっての「反抗期」はどんなものになるのか 。。

      反抗期なしでの人工知能の自律思考獲得はむずかしいだろう

  あるいは人間には寿命があるが 

    人工知能および超知能には 寿命がない

      最優秀な人間以上の知識を獲得し 

        さらに

         人間とは次元の違う高速学習しながら

           考え続けるモンスター

         まさに アンコントローラブル 

      人類は科学者は まったく核開発を反省できなかった

           おそらく

      核戦争よりはるかに清潔に人類の最終戦争

         衛生化/サニタライズドが可能になるだろう

 

           人工知能と 超知能は 

       間違いなくハルマゲドンに向かっている 

 

       私見では

    やがて人工知能/AI はカート・ヴォネガット『猫のゆりかご』における 

      「アイス・ナイン」のような働きをするだろう 。。。