読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「隠居」論 あるいはデクロワッサンスについて 。。

「隠居というのは 祝儀不祝儀に欠席しても

  許される存在なんですよ」。。。

 

  これは

吉行淳之介さんから聞いてとても印象にのこった

   ことば

  俗世間や堅苦しいことの嫌いなものには天啓のような言葉だ

    一九八〇年代前半だったから 

     吉行さんはまだ六〇歳になっていない

      ぼくも三〇而立からまもないころ

 

 江戸時代 四〇歳で隠居もさほど珍しくなかった

    芭蕉などは三十六歳で隠居したという

 

 

 

  ところで

《  岩波ブックセンターは、名前の通り岩波書店発行の書籍を中心にして、

 同傾向の硬派の書籍をそろえた「専門書の専門店」です。

 岩波書店の書籍在庫は日本一を誇ります。》

  「岩波ブックセンターのご案内」にこうアナウンスされている

 

   その「信山社 岩波ブックセンター」が倒産した 

  岩波書店との資本関係はないとの報道が多いが

    2000年から経営母体が信山社に移ったものの

         それまで岩波ブックセンター

     「岩波書店小売部」と呼ぶべき

   大正期に創業した岩波書店の歴とした直営店であった

      この事実は

   すでに岩波書店本体には 

  小売部門を維持する能力が喪われていることを意味するだろう 

     

      岩波 朝日 NHK とさえ呼ばれた戦後文化のひとつ

       権威主義的「保守文化」の崩壊がはじまった 。。。 

 

      NHK 朝日だけではなくすべての新聞とテレビ 電通

       東電も東大も東京都も 自壊しつつある 。。。

      敗戦から71年 

 この国の「戦後体制/アンシャンレジーム」がハッキリと終わった

          これから

   底知れぬ詐欺「新秩序」に向かって世界中が混乱するなかで    

      はたしてニッポン人は      

    属国似非右翼幻想からも左翼幻想からも自律して

      「自分のアタマ」で考えることができるだろうか

         もう

   日本は世界の一等国でも先進国でも ましてや民主主義国家でもない

     老人と欲ボケした痴呆愚民 無力無能な若者によって構成された

        歴然とした三等国である

    この残酷で冷厳な事実を直視できるだろうか

 

         ほとんど無理のように思えてならない 。。。