読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「臨終」観察日誌

 

「死は、前よりしも来らず。かねて後に迫れり。」

                          徒然草 一五五段

  寂滅がひたひたと迫る

    ふとG・ガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』を思う 。。。

      〈新潮・現代世界の文学〉シリーズで読んだ

        調べると1983年 もちろん巨匠ガブリエルは生きていて

                 前年にはノーベル賞をもらっている

               パソコン以前の時代

             光陰矢の如し

         エクソダスというか 亡命先の選定とか

 

      あれこれしなければならないことが あるのだが 、、、

    結局 外部に「ディアスポラ」を形成するような関空ネット民の「集団移住」はできなかった

      関心空間の終わり方

        遠ざかり方 逃げ方 諦念や感謝の言動から

          ニッポン人の「危機」への対処の仕方を冷徹にみて

          

            すでに約束されている

              ニッポンの崩壊過程と破滅構造を考えるヒントにしよう 

         それが観察日誌を書く理由で 隠れた主要なモチベーションだ