読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一億人が「ルンペン•プロレタリアート」になっていく社会 。。。

日記

 

いまや 

 日本政府は意図的に貧乏人を大量「増産」している

   増やすのは まとまったカタマリとして切り離し アッサリ棄民するためである

     ところが

   ルンプロ諸君 ルンペン予備軍諸君はそれに気がつかない

     ルンペンどころか 

        笑止なことに 彼らは自分がエリートの一員だと 信じて疑わない

          有名大学を出たし 一流品を身につけている

            食べ歩きもするし 服や靴や腕時計にも詳しい

              いまは 誰でも少し探せば「高慢」になれるネタくらい持っている

            東京では学年人口の73%が大学まで進学する 

          全国平均でもすでに過半数が大学生になる

       戦前の旧制高校生は世代人口の1%にみたなかった

    高等女学校の生徒ですら 大正初期は二十人にひとり 昭和十年でも16%と記録されている

       大学生になる それだけで凡庸な多数派なのだ 

         客観性を持てれば ルンプロ脱却の道も見えるだろうが

    

           この腐敗した国家社会を構成する大多数の全き愚民は

             胸裡心中では 震えるほど不安な癖に高慢なポーズを崩さない 

                       なぜなら

                みんな そうしてるから  。。。

            根っからの奴隷根性なのだ

        政府も政府なら 民草も愚鈍で怯懦なのだ     

 

      人一倍 身なりに気を使う ネオルンペンの時代 

    清潔に腐敗した ソフトなファッショ社会 。。。。  

       

              ★

           対抗手段 抵抗する方法は 

             意識革命しかありえない

               具体的には

                 まず「暮しを小さく」することだ

                    小さくすることで 

                       隙間ができ 身動きがとれるようになる

                    ほとんどのニッポン人は 

               老人から子どもに至るまで 実態より大きく見せようとして

           背伸びし爪先立ちし 無理に無理を重ねて生きている 

             それはピチピチに窮屈な衣服を身にまとうのに等しい

    

               精神を纏足の型に押し込めながら

 

                 意味を喪った「出来る奴」のフリをまだしている

            降りろおりろ 満員電車や住宅ローン 生命保険からドロップアウトしよう 

         ゆっくり のんびり睡ろうじゃないか こころゆくまで休もうよ

       

             生き直すのはいま

                ひとをうらやまず 

                  自分を卑下しないで

   

                万国の浮浪児 ゆっくり疾走せよ!!!