読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリスにおいて画家とはならず者の謂である。

ルシアン・フロイドとの朝食』を読んでいる

    何度か西村画廊で見て 絵は知っていたが

  ジグムントの孫がこれほど面白い人物だとは思っていなかった 。。。

    これまでに読んだ画家の伝記では 

        フランシス・ベイコンとアルベルト・ジャコメッティ

           ディヴィッド・シルヴェスター『肉への慈悲 フランシス・ベイコン・インタヴュー』

      

              同『回想 フランシス・ベイコン」

           ジェイムズ・ロードや矢内原伊作による数々のジャコメッティに関する著書によって

      格別に強い印象を残し その過剰で強靭な生き方にインヴォルヴされたが

          この本はそれらに劣らない

         むしろ

      キース・リチャーズ『ライフ』やパティ・スミス『ジャスト・キッズ』など

    自らに備わったクライム嗜癖やドラッグを隠さない ロックミュージシャンの自伝を思わせる

       嗚呼そうだ 生涯を一貫した 輝ける言葉と行動のロッカー ジャン・ジュネを忘れてはならない

          聖なる叛逆者の一連の作品および著書が放つ魂の清潔さ   

               逆説ではない 本物の清廉さ 。。。

            できれば

     ジュネは『恋する虜 パレスチナへの旅』『シャティーラの四時間』『公然たる敵』などの新しい本を読んでほしい

              本当の人間が 怒り悲しみ 呼吸をしている

          あるいは薄い冊子『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』を 。。。

      話は変わります

    今月上旬 

   

      月曜社ウラゲツ☆ブログ』に非売品の限定版小冊子を

        八重洲ブックセンター4F で 月曜社の本を購入した場合に限って配布するとの告知があった 

           『死なない蛸』限定部数60部 ナンバリング入り なんというマニアックさ!!!

               着払いの通販でも可とあったので早速 購入する書籍を検討

                結果

    

           大里俊晴の『ガセネタの荒野』月曜社版に決めた 。。

         ガセネタとタコ 笑えるヒトもごく少数いるかもしれない /笑。

     「限定60部のうち 9 番」という いかにも月曜社らしい簡素に美しい白い冊子が届いた  

        (小林浩サン 新雑誌『多様体』はご飯を減らしてでも購読しますから ← キッパリ/笑。)

            当然のことながら大里俊晴『ガセネタの荒野』も読んだ 

        通常ならば描かれた山崎春美や浜野純たちの「糖質」染みた行状を「暴力的」だと思うかもしれない

 

      しかし タイミングが悪かった

   ぼくは『ルシアン・フロイドとの朝食』を読みつつ 画家ベイコンの徹底した激しさをも想起しているのだ

      比較にならないものが比較されてしまった

         ニッポン人はヤワだなぁ 

            パンクだろうが前衛だろうが半端で しかも弱いなぁ というのが正直な感想であった

                自意識過剰による三流の自閉症観念バンドで 暴力性もチンピラ以下 

                   要約すれば彼らもある種の先駆的厨房性の「おセンチメンタル」のように思える

               根拠は山崎と浜野 篠崎順子の三角関係 

           ルシアンにも三角関係はあるが そんなヤワなもんじゃない 

          男女を問わず 四角に五角に 親子丼 他人丼 孫丼 ・・・

      ジュネやベイコン フロイドに較べたら 

    日本人は従順すぎて自閉症になった子ども あるいは 日当たりの悪い場所の植物でしかない

      これからニッポン再生に必要なのは 

         腐敗した権力や権威主義 商業主義に対する反抗精神と反骨 不服従精神だ 。。。

           非暴力ではない直接行動も 街頭ゲリラすら覚悟する必要がある

                         ☆

      

                谷川雁にはじまり若き反逆者の人口に膾炙して成立した言葉を今こそ

                     未来に向けて思い起こそう

     《 連帯を求めて孤立を恐れず、力及ばずして倒れることを辞さないが、力尽くさずして挫けることを拒否する 。》

     

                         ☆

   

          ベイコン フロイド ジュネ H.D.ソロー  不服従者たちから反抗の仕方を学ぼう