読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渺茫たる恍惚   日日ふたつ 。。

日記

陋屋に 朋 ふたつあり 

   書帙に痴れ 独酌に揺れる 

      日々は渺茫たるかな いたるところ明日の青山

    茅舎に座して 墳墓の蒼きを識る

       今日

  寿岳文章『ブレイク論集』届く 

     限定三百冊の内 第105番 非売品

      昭和六年十二月二十日刊 編輯兼発行者は 京都市下鴨膳部町在住の柳宗悦

   昨日は『未公刊  谷川雁』届く

     奥付刊記なしの海賊版 203頁 1960年代前半の出版か 

        どちらもヤフオクでの落札

       何故か この二冊を

     卓に平積みされたSTEIDL の大型写真集

  KOTO BOLOFO『ROLLS-ROYCE MOTOR CARS』 に載せてみる 、、、。

    いま読んでいる

  ボードリヤール『消費社会の神話と構造』にある

     消費行動とはクイズ番組で回答を催促されるのと同じだとする

       《 購買行為とは選択であり好みの決定である 》

《 ポップが意味するものは、遠近法とイメージによる喚起作用の終焉、証言としての芸術の終焉、創造的行為の終焉、

   そして重要なことだが、芸術による世界の転覆と呪いの終焉なのだ。

    ポップは「文明」世界に含まれるだけでなく、この世界に全面的に組み込まれることをめざしている。

       文化全体から華やかさ(そして文化の基盤さえも)を追放しようという、超越的で気違いじみた野望がそこには存在している。》

        これらは いまでもまったくの正論である

      一緒に読んでいる

  池野絢子『アルテ・ポーヴェラ 戦後イタリアにおける芸術・生・政治』

 

  池上裕子『越境と派遣 ロバート・ラウシェンバーグと戦後アメリカ美術の世界的台頭』

         は

     ボードリヤールと同時に読解することによって

  共時性+ルパート・シェルドレイクの「形態形成場仮説」の実証としか考えられないほど

       単なるレアリスムを超えた

     優れた重層的波動と叡智の全球性を与えてくれる

        さらに

     ケネス・シルヴァーマン『ジョン・ケージ 新たな挑戦の軌跡』

     志賀直邦『民藝の歴史』をあわせ読むとき

        ラウシェンバーグ ケージ 柳宗悦

           この神秘の命数による三連星を解く鍵語は  

             「ブラックマウンテンカレッジ/ Black Mountain Collage.」にある

                 茫茫 渺渺たるかなわが人生 わが読書 / 笑。

                 

            赫赫たる寂寥 燦燦たる晦冥を連れて 

                      黄泉と此岸の稜線を散歩する 。。