読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元少年A 公式ホームページ  vs.  Maybach

ご紹介しましょう 酒鬼薔薇 聖斗こと「元少年A の公式ホームページ」

   スカラカ チャカポコ チャカポコ チャカポコ 

     《 この地球表面上は、昔々の大昔の、歴史にも伝説にも残っていない以前から、狂人の一大解放治療場になっている 》

        犬神博士も 猟奇王も 裸足で逃げるか 腰を抜かす 少年少女系猟奇事件の 嚆矢にして二〇世紀の驥尾を彩った 

            超ドレッドノート級猟奇大事件 

         あの 少年変態確信犯 酒鬼薔薇 聖斗 の公式ホームページが始まった

      題して

  『存在の耐えられない透明さ』 。。。。

          どうやらゲームが再開されたようです

   最初の聖なる斗争 ターゲットは 幻冬舎 見城徹社長への仁義なき「逆襲」でしょうか 。。。

             「積年の大怨に流血の裁きを」の再現

     社長は ど派手顰蹙グルマ ショウファー ドリブン マイバッハに乗ってブイブイ云わせてるそうですから

         猟奇指数 変態度 自己顕示欲望に関しては 良い勝負です / 笑。

            二十一世紀の「最新ドグラマグラ」続編 始まり はじまりィー ・・・・

 ★★★   わざとオチャラケて結んだが 『元少年A 公式ホームページ』は(良識的な大人たちが)思っている以上の影響を

       同じような資質をわずかでも持った子どもたちの深部/無意識層へと継続的に作用するだろう

       酒鬼薔薇聖斗を革命家として認識する少女少年が少なからず存在する可能性は否定できない

       偶然にも現在トーマス・メッツィンガー『エゴ・トンネル:心の科学と「わたし」という謎』を読んでいるが

      「自己などどこにも存在しない」という新しい科学・哲学から 

       自己が存在しない以上 本質的には犯罪も免責される という考えが新世代を中心に導き出されてもけして荒唐無稽ではない

       二一世紀に崩壊するのは 国家と経済 民族と民俗だけではない 根源的な意味で「モラル」の存在意義が問われている 。。。