読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「平成のゼロ戦」こと三菱製有人戦闘機 〈 心 神 〉。  ひとりの修羅として大いに嗤う

 

 一〇月二七日の日経Webに

    『平成のゼロ戦、照準は「対中防衛」』 として

      三菱重工業が造る〈ポストF35A 〉らしい国産ステルス戦闘機「心神」の記事が

         まるでひと昔前のプロレス新聞のように 大袈裟に 嘘くさく

           載っていた 。。。

       その

 

   少し前 一〇月二一日付けでも日経Webは 編集委員 中山淳史名義で

   《 国産航空機、50年後にボーイングに勝つ   かつては「ゼロ戦」の設計士が働いていた。、、、》

  との「ゼロ戦」絡みの見出しで三菱製旅客機 MRJ の「愛国的」提灯記事を掲載している

宮崎駿風立ちぬ』を露払いに 

    ゼロ戦堀越二郎 軍需産業複合体三菱重工業

         サナトリウム少女趣味の堀辰雄でロマンティックに誤魔化して 名誉回復を遂げ復権したらしい

       考えてみれば 宮崎駿とは 特殊な「少女趣味」と「兵器マニア」のハイブリッドだった

            いうならば【軍国少女趣味】こそ  宮崎の真骨頂なのだ

                 しかし 

     ゼロ戦こと 三菱零式艦上戦闘機は 

       ぼくに言わせると 一九三一年に来日したリンドバーグ夫妻の乗機

           ロッキードシリウス号の ほとんどパクリ 哀しいほど模倣そのもの 

      国後 根室 霞ヶ浦 大阪 福岡と アン&チャールズ夫婦が巡遊した折

              霞ヶ浦で実見した

          海軍航空本部技術部長だった山本五十六海軍少将は

       大きなインパクト 要するに深甚な影響を受け 

    開発する海軍国産航空機の必要条件として「単葉と金属製」をあげている

                  つまり 

      それはロッキードシリウスを完璧に手本としたこを意味する

          デザインまで真似たことは 画像を見れば明白だ 

              なにがゼロ戦は傑作機だ 

     零式艦上戦闘機は ロッキードシリウスの水上用フロートを取り去り 格納式車輪にして

              武装を与えたものに過ぎない

        (日本人は自分に不都合なことは すぐに忘れる / 笑。)

            

        ちなみに 一万機以上が製造されたゼロ戦の初飛行は 一九三九年 

            リンドバーグ夫妻がシリウスで飛来してから 八年後だ

                    ☆

         さて

「(あらゆる透明な幽霊の複合体)」として

    「おれはひとりの修羅なのだ」 

        賢治とあらゆる死者を背負い

      「はぎしり燃えてゆききする」ひとりの怨霊として おれは言う 

                    ☆

    

       それにしても 

     「心神」というネーミングは 神頼みとしても

    毛生え薬レベルの心許なさ ぢゃないか / 笑。 

   (パンダぢゃあるまいし「シンシン」なんて)

  どういう言語能力 発語感覚の 奴らが 名付けたのか。。。。

        靖国神社本庁にでも 内密にお伺いを立てたのか 。。。

 まるで

    言霊に 報復されるような名称が 心神だ 

  ほら 「心神喪失」っていうじゃないか 。。。。/ 爆笑

        中国嫌いの諸君をからかうために 敢えて言うと

    中華人民共和国の有人宇宙船につけた「神舟」の見事さと較べると

     自前では文字のつくれなかった民族だけあって 

          流石に見劣りしすぎ!!

      「心神」のどこが悪いかというと 

「こころ」も「かみ」も 可視的実態のないものだから 用いる場合は それぞれ具体物の支えが要る

      心胆とか心髄 あるいは神殿 神像のごとく 。。。。

   三菱は お得意の神風か 心中にでもすれば良かったぢゃないか/ 笑。  ← すごい悪意

         「平成の神風」  「平成の無理心中」

  それにしても 無人機の時代 無人偵察機 無人戦闘機 無人爆撃機 無人給油機

               遊覧飛行以外は

      無人機しかありえない時代に 有人戦闘機を開発して どーするんだ 

          出撃前から全面敗北の運命が決まっている

              平成の武蔵 平成の大和だな

                   ★

    悲惨な戦争 屈辱の無条件降伏から 何も学べない国民性

        民草の無知をいいことに ますます洗脳とマインドコントロール

                励む 支配階層と巨大財閥

        日本人よ お前たちは また無理心中したいのか

                   ★

        唾し はぎしりゆききする おれはひとりの修羅なのだ

                   ☆

  眉毛(姉)さんの昨夏の日記『技術者の苦悩(「風立ちぬ」感想:追記)』に触発されました

                感謝します。