読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春のひかりと 。。 志村ふくみ の色 Michel Couvreur のいろ

なぜか「縁あって」

 そう 言挙げするほかない 玄妙かつしぜんな経緯から

つかうあてなど ないまま

     志村ふくみさんの帯締めが 

陋屋に届き

  光を浴びて ナカシマのおおきなテーブルに載っている

      しかも 

  二本 それぞれ桐箱に入って

蓋裏には 志村さんの署名と 色の名

  『蘇芳 志村ふくみ』 

  『淺みどり 志村ふくみ 深見まさ』

      ( 深見まさ氏は 志村さんとの協働も多い組紐作家 )

春の自然光のもとで眺めみる

         ゲーテ シュタイナー研究家でもある 稀代の染織家の色は 

         大袈裟でなく 光っていた

    

         いのちの微粒子を内包したかのように輝く

         発光する絹糸

         凝固した ひかり あるいは 定着された なにか

  かつて

      《「色は 光より 速い」》

  摩訶奇怪不可思議で幽玄かつ深遠なアフォリズムを嘯き呟いた 二〇代のおわり

     あれから何十年かの歳月を経て

        さらに 深まった彩色と時空への念慮

    《 光こそ「虚無」そのもの 》 

    《 色は凝固した「時間」である 》 

 それを証明するかのように 

 

         ミシェル・クーヴレーのモルトウイスキー

       七種類 濃淡のことなった階調を奏でながら

     イングリッシュ ウォールナットの机に載って これまた春の自然光を浴びている 

   カスク/樽内での時間によって染められ

 瓶へと移された不思議な色水 

    熟成の魔術師と呼ばれる

 彼の造るモルトウイスキー

   ハイランドパーク蒸留所で 伝統的なフロアモルティングを施し

     スコットランドで最も小さな蒸留施設 エドラダワー蒸留所で蒸留

       シェリー樽で三年を過ごさせた後 

         本拠地のブルゴーニュの地下カーヴに移して さらに熟成させてきた

フランスから出荷されるものの 

  まさしくスコッチウイスキーだから 製品名は英語が用いられている

     また

クーヴレーウイスキーには 

それぞれ 詩的で独特な名称が付けられ 想像力をかき立てる

  たとえば

 Blossoming Auld Sherried Single Malt Whisky

 Pale Single-Single

 Very Sherried Single Malt Whisky

 Couvreur's Clearach 

 Candid Malt Whisky,

  「ペールシングルシングル」を ひとつの典型として

     彼の造るシングルモルト

       どこか 

          透明な詩のような 色と光を 感じさせる 。。。。 

 これも また 

     春のもたらす 淡くて靭い《 生命の虚無と蕩尽 》の作用だろう か

ミシェル・クーヴレーは昨年の夏 亡くなった

ベルギー人で天才的ウィスキー生産者 製造家 

☆「日本の伝統色 和色大辞典」