読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏狭を脱ごう。  Take off the narrow-mindedness

narrow-mindedness 意味は 狭量 偏狭 狭隘 。

この際 「偏狭を脱ぐ」が 判りやすく 伝わりやすい 

ひょんなことで 触れた

 『鳥学の100年 鳥に魅せられた人々』から 派生的に知った 

  蜂須賀正氏 の名前と事迹

結局のところ

 

山科鳥類研究所に遺される 日本の鳥学とは 

富豪たちの一〇〇年史でもあったのだが

 

薩摩治郎八にも比肩する 一世の大畸人 

稀代の怪人 蜂須賀正氏が 好んだ言葉だという

反面教師にもなり得る 複雑な意味を籠め 

歴史感覚を磨く

自戒のことばとして 書き留めておこう

偏狭 と 狭量 と 狭隘 拙陋のみ

横溢 氾濫する 島嶼国に 棲むものとして。。。

     偏狭を脱ぐ 

この国のメディア そして人びとの持つ narrow-mindedness

偏狭さは

教育とメディアによって 精神に被された 窮屈さ

つまり 精神の拘禁衣に由来する

諸君 自己拘束を解け 

精神を覆う 拘禁衣を 脱ごう!!