読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杣道にて。 夏の終わりに ——memorandum として——

二巻あわせて千四百頁を超える C.G.ユングの大著『ヴィジョン・セミナー』が

間もなく終わりそうなので  

その寂しさを埋めるものとして 

ウィリアム・ジェイムズの『宗教的経験の諸相』を 読み始めた

奥付にはまだ一〇代だった日付が第一刷発行の文字とともにある

といっても 購ったのは 昨年の夏だから 刊行から 四〇年余が経っていた

少年も老いたし グラシン紙が健在とはいえ 文庫本も古寂びている

雙方が出逢うのに ちょうど良い年格好になったようだ

   だって

『宗教的経験の諸相』を読んでるコドモ なんて気持ちわるいじゃないか、、、/ 笑。

だから ここしばらく ジェイムズとユングを併読していた 

 が 神秘道的に 

ある種の感覚を持つひとびとにとって とても重要な意味をもつ

きわめて興味ぶかい記述が『ヴィジョン・セミナー 2』にあった

歴史的な資料として 備忘録化します

           ☆ ☆ ☆

《 アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズの幽霊の身元を

 同定しようとした有名なケースをご存知でしょう。私は彼と面

 識がありました。とても優れた人、すばらしい人でした。物理

 学者で後にアメリカ心霊研究協会の事務局長になったヒスロッ

 プ教授は、彼の友人でした。教授は数多くの実験をし、非常に

 優れた本を、おそらくこの問題に関する最も知的な本を残しま

 した。ジェームズが亡くなる前、彼らは、先に亡くなったほう

 が相手にメッセージを送るために最善を尽くすという約束をし 

 ました。身元をはっきりさせるのに役立つようなメッセージで

 す。それが彼らの共通の疑問でしたから。彼の死後、はじめの

 うちは何も起きませんでした。しかし、しばらくして——正確 

 な時期を覚えていないのですが——ヒスロップ教授の霊媒のひ

 とりが、ウィリアム・ジェームズと名乗る男がヒスロップ教授 

 にメッセージを伝えたがっている、と言いました。彼は教授に

 ピンクのパジャマのことを思い出させようとします。ウィリア

 ム・ジェームズという名前を聞いて、もちろんヒスロップは耳

 をそばだてましたが、ピンクのパジャマにはまったく当惑して

 しまいました。しかしとうとう、彼らがパリでともに学生で

 あった頃、ある常ならぬ機会にウィリアム・ジェームズが実際

 にピンクのパジャマを着たことがあったのを思いだしたのです。

 それから一〇日ほど後、ヒスロップはイギリスの心霊家のサー

 クルから手紙を受け取りました。そこには、その夜これこれの

 時刻に何十分にもわたって幽霊が現われ、彼らの霊媒に、

 ニューヨークはコロンビア大学ヒスロップ教授宛てのメッ

 セージを託した、と書いてありました。ウィリアム・ジェーム

 ズが彼にピンクのパジャマのことを思い出せと言っている、と

 いうのです。つまり、ヒスロップとは面識のないサークルが、

 同じ晩に同じメッセージを受け取っていたのです。これが彼の 

 得た最良の証拠です。彼自身が私にこの話をしてくれました

 ——身元の同定についての非常に興味深い事例です。 》

  [ 一九三三年一一月二二日 第Ⅶ講 ]より

 ☆ C.G. ユングと ウィリアム・ジェームズ そしてジェームズ・ヒスロップ

   ユングが直接ヒスロップから聞いた「W. ジェイムズからのメッセージ」

   この話の信頼 / 信憑性を疑うとすれば 心理学および芸術 / 宗教には

   信ずるに価する人物や正当性はないと断定するに等しい「無知」 を

   自ら認めるような 暗く魯鈍な勇気がいる あるいは

   ユングヒスロップより 

   知的に優れ かつ正直である という誇大な驕り / Ego inflation をも!!