読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸君  これが当代一流の医学者による科学的二股膏薬だ / 爆発的嘲笑。

日記

国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会

委員長 黒川清は調査報告書の英語版冒頭でこう述べている。

「事故の根本的な原因は、

日本文化の慣習に根ざすものの中にある。

つまり、反射的な従順さ。

権威を疑問視したがらないこと。

‘ 計画を守り通そう ’とする姿勢。

集団主義。そして、島国根性

「Its fundamental causes are

to be found in the ingrained conventions of

Japanese culture」

「our reflexive obedience;

our reluctance to question authority;

our devotion to "sticking with the program";

our groupism; and our insularity」

まるで「さきの大戦」の敗戦理由を述べる 無責任な自己批判みたいだ。

「敗戦の根本的な原因は

日本文化の慣習に根ざすものの中にある。

つまり、反射的な従順さ。

権威を疑問視したがらないこと。

‘ 計画を守り通そう ’とする姿勢。

集団主義。そして、島国根性

つまり 

ニッポン人は 滑稽なほど 物欲 金銭欲 色欲 に溺れ

適者生存 弱肉強食 という怒号に背中を押され

敗戦後も 無残なほど 金儲け にのみ邁進

精神的 倫理的 理性的に なんの反省も自己変革もないまま

あるいは できないまま 

無条件降伏後の六十六年間を

ポツダム民主主義」者

「朝三暮四 民主主義」者

統合失調症的 平和国民」として 無為無策 無駄な徒食を繰り返した と。

  うーん。

これに 空疎な中心部たる 天皇制への批判が加わったら 

まさに 中野重治竹内好 の卓論の一部だなァ / 笑。

しかし 黒川の報告は 

憐れなほど 賢しげに

国内向け日本語版と海外用英語版で異なることに 注目しよう。

奴隷根性的と言うべきか 通弁的というべきか 余は おもわず言葉を喪う。。。

東大名誉教授 医学博士 黒川清よ 

戦後もさらに 権威主義を 利用し蔓延させてきたのは 誰だ。

☆ 翻訳はgoo ニュース編集者 加藤祐子さんによる