読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書籍としての ON KAWARA  あるいは 「虚無への供物」 。

英国 グロスターの書肆 The Book Depository から

David Zwirner 画廊 この春の展観図録

On Kawara - Date Painting(s) in New York and 136 Other Cities』が届いた

二八〇数頁もある 堅背の分厚い大判カタログ

註文したのは 五月一日

送料無料 GBP 47.50 (邦貨にして約6,150円) 

N.Y.C. の画廊出版物が なぜグロスターから届くかというと ここが一番安かったから / 笑。

ON KAWARA / 河原温の本は  

虚無の遺骨である

虚無 そのものは

老子のいう 混沌 や 道 無 や 虚 と同じく 現象化できない 物象化しない 

 が 

ON KAWARA は 日々 泡よりも速く 光より淡く 宇宙そのものとして 儚く消えていく 

記憶装置としての時間「日付」という 大いなる虚無の位牌を

物神崇拝者たちのために 絵画作品/商品 として つくり 

虚無となった時空の遺影を 出版する

老生は 遺された「虚無の遺骨」を蒐集 

書架や机のうえに 合祀する

明るい ニヒリズム としての蒐集行為

それは 虚無への供物として 

ON KAWARA BOOK (S) を 内側の見果てぬ青空 碧い虚空に捧げる 行為 だ

つまり 

ヴァレリーの 海と美酒に代えて 。。。