読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Prince of Wales=Charles が最も立派だった一日についてのささやかな考察。

私見では 

二〇世紀は一九九七年七月一日に終わり 

二〇〇一年九月一一日に 二一世紀が始まった

そのあいだは 謂わば「幕間」であり

「歴史の終わり」の認知期間としての空白でもあった

現代史としての『歴史』は香港からの「英國撤離 British Retreat 1997 」によって幕を閉じた。

この旧漢字と英文字の混淆にこそ 

キップリングの「東は東、西は西。」をなかば溶解させた

「永遠のいま」が滲みながら揺れている

あの日プリンスオブウェールズ

大英帝國による一八四三年から続いた香港領撤退のみならず

西欧による二〇世紀までの富と権威・権力の独占状態へも告別の辞を告げたのだ

最後の香港総督クリストファー・パッテンによる撤離の儀式

あるいは

エリザベス二世第一王子による「香港の繁栄と平安」を祈った告別の辞

軍帽に雨天用の覆いを着けたチャールズ提督はまことに凛々しかった

幕引きの真摯な道化/clownとして 適任を超える立派さ

また

この日の『蛍の光』ほど 歴史への弔歌としてふさわしい楽曲はなかったろう

雨のなかランドレートップを揚げ しずしずと走り出すロールズロイス ファントムⅣ

英海軍差し回しの鉄鋼機帆船による 久しき植民地からの離岸撤退

これらに英国人の典雅で剛直な儀式性が十全にあらわれていた 。。。

そして 

午前〇時ちょうど 中国人民解放軍部隊は

前照灯に軍用覆いをつけた二両のオートバイを先導に香港への進駐を開始する

そこにも

現代中国の無骨で実用的な様式美があった

誰がなんと云おうと

軸はおおきく 動いたのだ。

  ★ ★ ★ ★ ★  

皇太子が伊福部昭の『ゴジラ』をヴィオラで演奏したのがおおきなニュースになる国に

未来はない まったくない /笑。

トニー・ジャットが遺著ともいえる『荒廃する世界のなかで』で書いているように 

イギリスにもアメリカにも暗そうで困難な未来しかないのに

理性にも客観性にも乏しく 

忍耐力も道徳心も喪った

情緒的かつ夜郎自大な国民ばかりのこの国に あるわけがない 。。。。