読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「テクノバーン」から拾ったハイブリッドカー 二題 。。

米軍制式軍事車輌 HMMWVの後継車は 前部にディーゼルエンジンを搭載し 隠密行動が必要な際は後部に置かれた出力387馬力の電気モーターで駆動すると。。。 反対に英国ロータス社トヨタプリウスの静粛性が歩行者にとっては危険なものであるとして お節介にも「騒音発生装置」を開発したという。。 総帥コリン・チャプマンが健在であったら こんな馬鹿げた装置を開発するはずがない、、、、←キッパリ/笑。   Lotus EngineeringHPにあった解説を 機械翻訳してみました。↓ 《 ロータスは導入します「安全な堅実」ハイブリッド ロータス・エンジニアリング、世界、ロータスの有名な自動推進のコンサルタント業部門は、成長を打ち消す電気的・ハイブリッド車の上の外部音を合成する技術を開発しました「静かな」乗り物に関係がある、歩行者とサイクリストにポーズします。実際のエンジン音のシミュレーションは使用されます「安全な堅実」ハイブリッド技術抗議者乗り物、乗り物が動いていることを即座に認識可能にすること電気的・ハイブリッド車、環境上良心的なものの好きな選択、盲目・弱視の人々から批判を最近受けました。ハイブリッド車のほとんど暗黙のオペレーションにより、で、電力上で走る場合より低速、道を横断するか駐車場を通って歩くことを危険にして、接近するとともに、彼らがこれらの静かな乗り物を聞くことができないとともに、盲目・弱視のものの無所属派旅行は危険にさらされるかもしれません。ロータス「安全な堅実」ハイブリッド技術抗議者は、正常な合成適用を実証し、かつ電動機上で走る時乗り物によって放射されたエンジン雑音の不足を補うために標準トヨタ・プリウス、最も高いボリュームのうちの1つおよび最も高度なハイブリッド車を使用します。生じたものは、歩行者とサイクリストへの潜在的リスクなしで、同じ環境を意識したハイブリッド車です。ロータスが考案した解決はその正常な合成技術の斬新な再志願および開発です。これは、3つのメインシステム、活発な交通騒音取り消し、エンジン運転指令取り消しおよび正常な合成を含む特許が取られた活発な雑音技術のロータスの組の一部です。エンジン音を合成するために、道速度信号は乗り物から得られます。また、防水ラウドスピーカー・システムは位置します、音が乗り物の正面から出ることを可能にするラジエーターに隣接している一旦乗り物が通過したならば、音は聞かれません。自動車が電動機のみ上で作動している場合、窒息する、そして速度の依存する合成された音プロジェクト、乗り物の前の現実的なエンジン音。技術は、乗り物距離および速度を識別するのを支援することをピッチと頻度で即座に認識可能にする既存のエンジン音を使用して、従来のエンジンの振る舞いのまわりで設計されました。ハイブリッドのエンジンが作動し始める場合、高速かスロットル要求、あるいはより低いバッテリー・レベルで、コントロールシステムは自動的に外部合成を止めます。いつ、powertra コントロールシステムの中で、電動機のみ上で走ることに自動車を切り替える、合成コントローラーは、再び作動するシステムを瞬間的にセットします。それはすべて、完全に自動的です。また、ドライバーは、補足音のどれもほとんど聞きません。エンジン音を生成するために、適切な寄贈者エンジンの録音は異なるエンジン・スピードで固有振動数を確立するために作られ分析されました。その後、これらの頻度は、合成コントローラーに、アンプ、および外に拡声器によって音を出力する「音声」の形で入力されます。》