読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふと、タイガース、ピーナッツ、吉永小百合、、40 Yeas ago 。。

なんの脈絡もなく 

ふと タイガースの「シー・シー・シー」を聴きたくなった。

You Tube で探すが、タイガースの映像と音はあるものの

「シー・シー・シー」は見つからない。

が、「シーサイド・バウンド」も好きな楽曲だったので

聴いている。

ジュリーが歌詞をとちって照れるのが可愛いゾ。

関連してザ・ピーナッツも出て来たので聴く。

これは良い!!「恋のフーガ」をお聴き下さい。

いま見ると何故か妙なかっこよさがあるのです/笑。

後ろでティンパニーを叩いているのは中尾ミエ、園マリ、伊東ゆかりなどの面々。

南京豆姉妹初期の佳曲「恋のバカンス」はなんと1963年の映像。

というけでピーナツ特集! 「ふりむかないで」は

初めて歌詞をきちんと聴いて「ふりむかないで」の意味と言葉の流れがわかりました。

「いまね、くつ下なおしてるのよ。あなたの好きな黒いくつ下、、」なんて、よく聴くとけっこう色っぽいフレーズですね。

かつての同僚 中尾ミエ伊東ゆかり〈ピーナツ・メドレー〉もどうぞ。

_______________________________________________________________________________________________________

あれこれ検索するうちに『いつでも夢を』に辿り着きました。

8分12秒とYou Tubeとしてはかなり長く

ある種、短篇青春映画のようにまとめられた

歌の部分を中心に上手に編集されたダイジェスト版を観ていると

画面でも実際にセリフ化されていますが「戦後民主主義/デモクラシー」をたくさんの人びと

とりわけ多くの若者が信じてられた昭和三十年代という時代が

とてもリアルに浮かんできて

どちらかといえば辛辣で冷笑的なぼくがいま見ても

その恥ずかしいような一途さになんだかジワッとしてきます/笑。

それは良くも悪しくも

ぼくより少しだけ年上の人たちの若い心にだけ映った、輝くような「未来像」だったのでしょう。