人工水晶体/眼内レンズ

吉行淳之介さんの小説だったか散文だったかに『人工水晶体』という題名の作品があって綺麗なタイトルだなあと思ったことを憶えているがまさか自分でもお世話になるとは夢にも思わなかったのはそれが人生という物だからだろう。