読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 凍れる萃点

はじめに永劫があった

  姿のないものとして 

   質量を持たず

    無生物かつ無主物として   

     量子より小さな萃点

       絶対零度以下の

        凍れる萃点として

        あるともいえない ないともいえない

      永劫のまわりは無であった

     永劫はまったき空無のなか

         永遠の無として    

       永久の虚として

     虚無は永劫 永劫は虚無

    ふたつは不二

      幽玄なるかな 玄妙なるかな      

        不二の揺らぎが

         バタフライ効果となって

           真空中に

            宇宙と呼ばれる大虚無が発生した

             老荘では

            それを玄と呼ぶ  

 

          虚無と永劫と真空

            これら

        「死」を構成する三元素が

            逆に

         生命の産褥 命の褥となった

       無と死こそ生命の源にして原初

         はじめに死あり

   死は「イノチノシトネ」である        

      さて 

   通常にんげんの思考は単線である

    月を指さされると月を見てしまうように

     無と云えば無しか意識できない

      永遠と云うと永遠しか考えられない

        永劫と無を一如とし

          同時に把握する重層的思惟

           複線 複々線で洞察する

          複層思考でしか見えないものがある   

            真理はほとんどがそうだ      

       「思惟」とは言語を半透明化して

          重ねるように

            複数のことを同時に考える技術だ

              ことば 言の葉 異の葉 異の端 異端

                コトバは本質に異端を包蔵する

                  異端思考

             それには脳内麻薬物質の助けがいる

           脳内麻薬を活用しない平板な思考

              では

           「プラトンの洞窟」から脱出できない

         無と永劫を同時に見る

         前方ではなく視界のそと 無限の左右に

            無と永遠の隔絶したアマルガムを同時に把握する

              余白だけでできた余白

                時空のマルジナリア

                  量子的余白

 

                 宇宙とは余白だ

                永劫のなかの余白だ

 

                 無と永劫のあいだ

                宇宙は膨張というより「発生」を続ける

               永劫はひとつではない

             無限かける無限として

              銀河は群生し無限の無限乗に転移する

                無限の無限乗をイメージできますか

                  超光速で増殖するメタ宇宙

                    そこに

            増殖転写する超巨大銀河を思惟することでしか

         無数のアンドロメダ星雲や大銀河を把握することはできない   

                    意識とは

                 正眼 晴眼 青眼 星眼

            膨張する宇宙の波動を捉え乗るサーフィンだ

               コズミック・サーフィンとは  

                  観自在の謂だ

                     畢竟                              「宇宙は外部になぞない」

 

                 不二深遠  外内一如

 

               キミの阿頼耶識は揺らいでいるか 。。

 

    

  

  

  

  

  

 

往時縹渺『ニクソン訪中機密会談録』を読む

ハインツ・アルフレート・キッシンガーは

  ドイツ生まれの帰化アメリカ人であるため「大統領職」には就けなかったが

                   外交史上に

    多くの凡庸な大統領以上の足跡を残している

      驚くべきは 

    九十三歳のいまなお現役の「大物政治家」として

     昨年の十二月に訪中 ドナルド・トランプの代参を果たし

    中南海との四〇年余にわたる太い絆を世界に顕示した

           彼は

     クーリッジからニクソンまで8代にわたって

米国大統領に「君臨した」エドガー・フーヴァーFBI 初代長官に匹敵する

          アメリカの怪物である

     キッシンジャーの最初の訪中は1971年7月

    毛沢東ニクソン会談は1972年2月のこと

      その間

     1971年9月林彪副主席がソ連へ亡命途中 墜落死する 。。。

     昨日まで「アメリカ帝国主義はハリコの虎である」だったのが

                 一転

           北京中南海で極秘裏に国務院総理周恩来

     国家安全保障問題担当大統領補佐官キッシンジャーと機密会談

             ニクソン大統領への訪中招請

                これらと

          軍人中の軍人林彪元帥によるクーデター計画は

         無関係ではありえないだろう

       またこの時代背景にはプロ文革ベトナム戦争がある

          ことを忘れてはいけない

   この時期は一〇年に及んだ「無産階級文化大革命」の只中でもあり

      合衆国空軍による

    クメールルージュ/ポルポト派へのカンボジア空爆も始まっている

         この本には

       江青張春橋の名前も登場し

       きわめて複雑だった

      四十数年前を回顧追想しつつ読むと

    当時はまだ見えなかったものがウッスラ浮かんでくる

   この【増補決定版】では機密解除された部分が訳出された

  日本に関する部分は特に重要な内容を含んでいる

 合衆国も人民共和国も「まったく日本を信じていない」事実だ

       アメリカ合衆国政府こそ

  日本の政治家および財閥と軍産複合体を信用していない

   ほとんどのニッポン人はその部分を大きく考え違いしている

 

   ほんの一部だけ引用しておこう

  ニクソン大統領の発言

 《 私は在日米軍を撤退させません。【なぜならば、日本を抑制することが太平洋の平和にとって利益になると私は信じるからです。】

  周恩来総理の発言

《 第一にあなたは、平和的開放を望むし妨害もしない。第二に、米軍がいる間に日本軍を台湾に入れさせない。【何があっても避けようとするでしょうが、抑止するには日本に軍隊を置いておくことが必要です。】》

    

  【 】内は 旧版ではサニタイズド/抹消されていたため訳出できなかった部分

 

    より大部な 

周恩来 キッシンジャー機密会談録』を読んだのは2004年だった

  この国と国際政治を客観視するためにも

    冷静な理性 知性を保ちたいひとはぜひ 

  この二冊をお読みください

 

 日本の不透明さは新聞テレビのとてつもない堕落腐敗と相まって

   ますます酷くなった

 

  ニクソンに続くように訪中して国交回復させた田中角栄の失脚

      あるいは

     再選されたニクソン

   ウォーターゲート事件により任期中の辞任など

     南京豆と水門は仕組まれた罠ではなかったか

       本当はまだまだわからないことだらけだ 

 

   毛沢東ニクソン周恩来も四人組も

    この本に登場する人物たちはみな泉下の客となった

      不死身のモリアーティ教授のような

    怪人キッシンジャー博士だけが現役である 。。

 

     それにしても毛沢東ニクソン 周恩来キッシンジャー

  彼らが政治家だとすれば

    安倍晋三麻生太郎 石原慎太郎稲田朋美はなんだろう

      ぼくの考えでは 

    私欲により発狂した知的障害者である

 

 

   『ニクソン訪中機密会談録』増補決定版 

       毛利和子・毛利與三郎訳 名古屋大学出版会

 

   『周恩来 キッシンジャー機密会談録』

       毛利和子 増田弘 監訳 岩波書店

 

 

「万物を汚染 毀損した」 人類はゴミしか残さなかった  

すでに過去形である

    いいか

  ブラザーズ&シスターズ

     よく聞けよ

 これまでもいまでもこれからも

   人間が作ってきたものは

     作るものは

    糞尿と赤ん坊以外 

  すべてゴミクズだ

    かつて羊水に浮かんだ胎児 嬰児 幼児も

      やがて泉下の塵となる 

     その 蜉蝣にも似た儚いニューエイプは

     まるで悪夢に取り憑かれたかのように    

       全力で欲望を物象化してきた 

        残念なことに

      多かれ少なかれ

    本質的にすべてがゴミにすぎない

      レオナルド・ダヴィンチの素描でも

        ジョン・レノンが詩を書いた紙片でも

          空海の書簡でも

           一休や良寛の書

             バッハの自筆楽譜

               フェラーリ250LM

                ポルシェ904GTS  

               アストンマーチンGTB4ザガート

            フランシス・ベーコンの名作も

          ルシアン・フロイドの傑作でも

       ミース・ファン・デル・ローエ『ファンズワース邸』も

           吉田五十八自邸も 白井晟一「雲伴居」も

              桂離宮

                             本当はゴミだ

         高いから大事にされているにすぎない

            高価であるという魔術妖術        

     人間の腐敗した嗜癖 奇習は 

   高価だからといって ゴミを大切にすることだ 。。。

    さらに

     大量に廃棄されたプラスチック

       土に還らないケミカルな物質

         登録された化学物質だけで3000万種

        核廃棄物のように

          人智を超えた悪魔のゴミも大量に放出されている

         万里の長城やピラミッド

       仏舎利や聖骸布は燃えたり腐ったり風化して

     土に還るからまだよかった 。。。          

 人類はこの惑星に対して有害である    All Mankind Guilty

    最新の地質学的調査によれば

     これまでに

      人類が作り出してきたゴミの総量は「30兆トン」

       地球表面1平米あたり50Kgを超える量だという

         この二〇〇年間のゴミは有害な化学物質を大量に含んでいる

                                        さらに超膨大な量の医療産業の危険廃棄物

            存在しなかった悪魔の物質 放射性物質

         人類はこの星を汚染するために誕生したのか 。。。

       何が霊長類だ 万物の霊長だ 嗤わせるな

     この世で この惑星で 最低最悪の存在が 人類だった 。。

          人類は地球にとって癌細胞そのものである

        致命的な誤りは

     紀元前四〇〇年代古代ギリシャソフィスト プロタゴラス

        「人間は万物の尺度である」

            あたりから始まっている

        この思い上がりに満ちた詭弁こそ地球を汚染した

           正しくは「人間が万物を汚染した」だ

            冷厳で残酷な事実のさらに奥にあるのは

       

   わが友オスカー・ワイルドの「自然は芸術を模倣する」に倣っていえば

          「反自然は悪魔を模倣する」

 

   

       

 

山のビーチにて 。。

「人は水辺に棲むべきだ」
       は   

   C.G.ユングの生涯を貫いた理念だが

      そこには

    「可視化する無意識」

   あるいは「浄化可能態としての無意識」の神秘が潜んでいる

          ようにおもう

       里山の温泉ちかくに移り棲んで二〇年

         厭離穢土 濁世を逃れ

       一年の大半をビーサンと半ズボンで過ごす

      白銀のスカイラインを砂丘に見立て

     地球をサーフボードと観ずる

   「コズミックサーファー」として

      温泉三昧 陋屋宴会の日々

        さすがに冬は 

     Gramicciのロングパンツと L.L.Beanのラバーモカシン

        ところが

      人生は

         複雑にして煩瑣 

            奇怪かつ面妖  

       ビーチサンダルが何足かあれば

         不自由しないはずなのに

       何故か 

            陋居書架の前には 

         Church's 黒チェルシーブーツ

           JOHN LOBB 薄茶ジョドファーブーツ         

    フォレストブラウンのキャンバス製6インチ L.L.Bean メインブーツ

           ブーツが三足

        オブジェのように置かれている

      そこへまた一足

    Clarks 製ブーツが先週末くわわった

      クラークスは二〇代三〇代

        デザートブーツをバックル付きも含め四足くらい履いた

          神田小川町平和堂靴店で

            クラークス製品は全品英国製造

               デザートブーツは6800円だったと

                   記憶する

                 その頃は

                                   ワイルドターキーやジャックダニエル

              ジョンウォーカー黒など

       プレミアム系輸入ウイスキーが一万円近くした

               いまのように

          ベトナム製のクラークス一足が

             ジョニ黒の数倍もするなんて 

          為替を含む値段価格金銭価値は不思議なことだらけ /笑。

               その懐かしい Clarks

             今年になって

         英国製茶色表皮チャッカブーツ

           レザーソール 未使用デッドストック 。。。

                完璧新品

             クラクラと確信犯的にヤフオク購入 / 笑。

           ラバーソール以外の同社製品は初めて

          Tony Lama のウェスタンブーツも二足

            Barbour のラバーブーツも二足履いた / 笑。

                けど

          長靴にさほど愛着はないから

             老生は

         6インチブーツ位のフォルムが好きなのだろう

                            そうそう

          丸善図書館 スーパーマーケット 

        街に下りていくときは 

      ビーサンというわけにもいかないので

     SANDARS の薄茶色したスエードタッセルスリッポン

      ブルースエードで舌の長い古い adidas カントリー

         一年の八ヶ月は

          半ズボンに素足履き

                  

       ところで

           私見によれば

       「樹木は 直立した河川である」  

               さらに

       「雲は 移動しつつある湖沼である」

            そう洞察し そう念慮できたら 

         「人間いたるところ水辺アリ」である

         ジンカンイタルトコロセイザンノミズアリ

    水辺と墓所=青山を重ねる分析はユングも賛成してくれるだろう 

 

   温泉は湧出する深層無意識であり 羊水であり 廟宇なのだ

 

 

 

 

 

 

「脳内麻薬」と読書術 

ボードレールの『人工楽園』やベンヤミンの『陶酔論』

 あるいはブルトンの『溶ける魚』その他を

   思い出すまでもなく

    芸術あるいは思索と

      麻薬やカンナビノイドの関係は避けて通れない

       しかし

        非合法のドラッグを体験するのは

          万人向けではないだろう

β-エンドルフィン ドーパミンに代表される

 「脳内麻薬物質」。。

   強力な鎮痛鎮静効果のほか 高揚感や至福の感覚を与え

     自律した変性意識状態も可能にする

      これら天然の「快感物質」は二〇数種類が発見されて

        モルヒネ同様の働きをする

     この天与の脳内資質を有効活用しないとしたら

       それこそ「天然資源の浪費」である

         言わんとしているのは

          長距離ランナーや超一流のダンサー

            卓越した演奏家のハイに匹敵する状態を

           読書でも得る

          そのスキルを身につけること

       厳しい言い方をすれば

     一流の演奏者が難曲でも軽々とプレイするような

「脳内麻薬」が出ない読書は「三流の読書」でしかない 。。。

  「読書とは脳内で行われる演奏」だから

 読書という演奏行為は まずテクスト/譜面の選択から始まる

  くだらないテクストをどれほど一所懸命に弾こうと

   アタマの中でも虚しいノイズしか響かないだろう  

    丁寧につくられた誠実な「魂に響く」本しか読む価値はない

      逆に言えば 

       優れた演奏者は新聞の読書欄などを頼らない

        新聞などをまだ信じていたら

          その人は奴隷の魂しかもてない!!

        真面目に読んだところで古風な教養型国畜にしかなれない/笑。

       究極は 

     無造作かつ無作為に 

    読むべきテクストを手にできるようになる

      それを老荘読書と呼ぼうか 。。

   

  さて「技法上」具体的なことも書いておきたい

   次にやるべきは「没頭」の技術修得

     「無我夢中」「寝ても醒めても」を身につけること

        夢のなかでも本のことを考える

          読書術と 睡りと散歩と温泉浴は似ている

            睡りながら読み

              読みながら睡ることを目指す

                没頭没入とはそのような状態をさす

     詩と小説は奨められない

       歯ごたえのありそうな

        しかし優れた本を 。。

       厳しい本の方が その痛苦を救うために

    脳内麻薬分泌がはやく始まるはずだ

  それを一〇年ほどつづけてください

    深い読書という

      脳内演奏と脳内麻薬物質分泌が渾然一体になった境地に 

         気づけば到達しているはずです

            要するに

         幼児期に夢中で絵本を眺めたように 

        無我無私で没頭する

      老子第一〇章

   「気を専らにして柔を致して、能く嬰児たらん乎」             

   読書術と睡眠と温泉浴 高次な散策はとてもよく似ている

        それらには

          どこか「虚無の狂気」も匂っている 。。

            その玄妙さが「TAO」なのか   

 

   

割れるのか 溶けるのか「薄氷的」社会 alea iacta est

   さて

 時には地上的なことも考える必要がある 

     ぼくは

     これから起こる   

       大規模な「出版クライシス」を 

         怜悧に客観性をもって観察するつもりだ

    もう雑誌の売上は四〇数年前の水準に戻っている

      1979年以来の「雑高書低」が終わり

        これまで低かった書籍の販売額をさらに下回った

      これは敗戦後生まれた「占領下の子どもたち」が

        書店に足を運ばなくなったことが大きい

           例えば 週刊誌を支えてきたのは

             彼らと 

        戦中あるいは戦前に生まれたさらに高齢者でしかない

              『ビッグコミック』各誌を見よ 

            『週刊朝日』『サンデー毎日』を見よ  

          老人を主人公とする高齢コミックスが花盛りだ / 笑。

         週刊誌ではないが

      『Ku:nel』は売上の急降下に音をあげ

          七〇歳をとっくに超えた老婦人

            淀川美代子を現場指揮に呼び戻す断末魔ぶり  

              これも老人雑誌化現象といえる

                返本率が雑誌 書籍ともに40% 、、

                  とはいえ

              いまなお足げく本屋に通い

           高度な本を手にする「数寄者」もいる  

              しかし

          読書を生涯の習慣とする

       コアな読書人は敗戦の年1945年から  

          無条件降伏からの占領が解除された1952年までの

            足掛け八年間に生まれた1800万人の 

              ごく一部であり

        その世代のうち

  「およそ1500万人は書店離れをした」  

          ぼくは実体験

    書店 公共図書館 温泉での見聞からそう考えている        

        「出版クライシス」の

     激烈な災厄には「教育産業」の崩壊と 

       大商業新聞&テレビシステムの完璧な斜陽化とシンクロする

          それは

      この国の知的インフラ全体の落盤現象とも云えそうな

          深刻な事態を招くだろう

       新聞は八百長政治とスポーツ芸能専門紙になり

         雑誌はほとんど広告のカタマリだ

            大衆メディアは

           芸能人やスポーツ選手のスキャンダルと

        エロとマネー 老人や弱者への様々な恐喝 脅迫記事にあふれる

                  「下流老人」「貧困女子」「老化ヒッキー」「半グレ老人」、、

             スマホしかできない若者たちは

          コミック一冊 粗製濫造無内容な新書一冊を読んで

             得意気に「読了」などと宣うだろう/笑。

 

           間もなく来るはずの

        コンビニが雑誌を置かなくなる日

 (返本など手間がかかる割に店の利益は少なく 取次ぎも採算ギリギリ)

     物流業界は不足しているドライバー確保のため人件費増

              あるいは

      ガソリン価格の上昇などで もう配送経費を上げざるをえない

          それが出版恐慌の「Xデイ」だ

 トーハン出身の鈴木敏文が7&i HLDGS.を追われるように辞めた以上

      取次ぎとコンビニの過去形でしかない蜜月関係は「離縁」へと進む

              いまや秒読み段階だろう

        戦後長きにわたって子どもと大衆を食い物にして

           物言わぬ愚民を作ってきた

               大手出版社

         講談社 小学館 集英社を激震・烈震が襲う

         

            冷酷に言おう

       これらスベテは人災である

         官僚や政治家だけのせいにはできない

      出版メディア 教育産業全体 新聞業界 

   そこで仕事をしてきた人間たちの倨傲と知的怠慢が招いた事態だ 。。。

  「読売新聞」「朝日新聞」「毎日新聞」「日経新聞」「産経新聞

       これら新聞のどこに知性があるのかっ!!!

          腐敗した社畜たちの打算があるだけだ 

                   

         願わくば 

        この際

      巨大な詐欺&陰謀プロパガンダ集団 電通 博報堂 大広 etc.

         この国を属国化し植民地化してきた愚民政策の尖兵

             アメリカ支配の代理店「広告屋産業」の撲滅を望んでいる 

    半世紀以上に及ぶ読書狂 愛書家 書痴であることを自ら任じつつ

        新しい社会と時代 後世へ向けた

         「建設のための破壊」をもはや否定しない

 

           諸君 賽はすでに投げられている 。。。

      

 

 

    

意識と霊性を急速潜航させる 。。

Plain living and high thinking 

 「簡素に暮し 高度に考える」   

   古いワーズワースの詩の一節

     ぼくもそのように生きてきた

         しかし

   世界は二〇〇年前とまったく様相を変え

     すでに限界を超え 狂っている

       氾濫する欲望と暴走する狂気 

         無明の波動は放射能のように地表を覆いつくす

          地上的に質素に暮らすだけでは 

           もはや充分ではない

        思索をより高次に導くために

       顕在する「意識」を

   無意識層/阿頼耶識/超自我/集合的無意識へ向け 

       急速に潜航させる必要がある

    意識と精神 霊性を ふかくふかく潜航させよう  

 深まった無意識下でしか超越に触れることはできない 。。。

       本は意識を深めるためのツール

     継続的かつ良質な読書こそ精神に授かる翼とフィン

   いま読んでいる本のリストを衒示します/笑。

 

                DON'T GET COMFORTABLE !!    

 

ニクソン訪中機密会談録 増補決定版』毛利和子•興三郎訳 名古屋大学出版会

『最後の「天朝」毛沢東金日成時代の中国と北朝鮮』沈志華 朱建栄訳 岩波書店

現代思想と政治:資本主義•精神分析•哲学』市田良彦 王寺賢太 編著 平凡社

『スタシス:政治的パラダイムとしての内戦』G.アガンベン 高桑和巳訳 青土社

『料理と帝国:食文化の世界史 』レイチェル•ローダン   みすず書房

『〈救済〉のメーディウム:ベンヤミン、etc』竹峰義和 東京大学出版会

『聖の大地:旅するオットー』前田毅 国書刊行会

『翼ある夜  ツェランとキーファー』関口裕昭 みすず書房

『狂気の巡礼』ステファン•グラビンスキ 芝田文乃訳 国書刊行会